物性研究室

 物性研究室では、合成研究室で合成された化合物の物理化学性の測定を行い、薬剤挙動の解析や予測を行っています。農薬は畑や水田といった、解放された場所で使用されます。そのため、農薬の効果は環境条件に依存して、多くの物理化学的要因に左右されます。物性研究室では合成された化合物の物理化学的特徴を解析し、合成研究者・生物研究者・製剤研究者とディスカッションしながら研究の指針を示しています。

 また、弊社では、1994年6月にドイツ政府により、GLP*適合施設としての認定を受けました。現在では、農林水産省生産局のGLP認定を受け、登録申請作業の効率向上を図っています。物性研究室は、GLP運営の中心的な役割を担い、新剤やその代謝物の品質保証試験、また、再登録用の物理化学性試験を実施し、現在、我々グループの物理化学的性状に関する試験を実施するGLP適合施設として重要な役割を果たしています。

*) GLPとは、医薬・農薬などの登録の為に必要な安全性試験を適切に行い、試験成績の信頼性を確保するための規範です。

ケイ・アイ研究所〒437-1213 静岡県磐田市塩新田408-1 TEL:0538-58-0141

クミアイ化学工業株式会社
Copyright 2012, KI Chemical Research Institute Co., Ltd. All Rights Reserved.